キレイでヘルシーな生活

美しく健康な毎日のための情報サイト

頬がたるんでくると、一気に老けた印象になってしまいます。特にほうれい線が目立ってくると老けた印象になります。それを改善するためには、スキンケア商品や美容器具を使うなど様々な方法があげられますが、頬のたるみにはコラーゲンで対策することが一番だと言えます。

 
人間は生まれ持って体内にコラーゲンを持っていますが、加齢とともに減少してしまいます。これは20歳から減少してくると言われており、40歳では全体の半分にまで減少してしまいます。コラーゲンが減少すると肌の弾力が無くなり、頬のたるみにつながりますので、それを防ぐためには積極的にコラーゲンを摂取することをおすすめします。

 
ではどのように摂取するのがおすすめなのでしょうか。それはずばりサプリメントです。手羽先やフカヒレにはコラーゲンがたっぷり入っていると言われています。確かに多く含まれているのですが、食材から摂取する場合、ほとんど体内に吸収されません。また毎日このような食材を食べ続けることは困難だと言えます。その点サプリメントであれば、毎日摂取することが可能ですし、手間もかからないためおすすめです。しかしサプリメントの中でも配合量の多い物や低分子化されたタイプを選ぶ必要があります。配合量が少ないとやはり効果は低めですし、低分子化された物でなければ体内に吸収されにくいと言えます。そのため必ず低分子化された物を選ぶことがおすすめです。またコラーゲンは夕食後に摂取すると効果が高まりますし、同時にビタミンCも摂取することで、さらに吸収率が高まります。

 
頬のたるみは、紫外線により真皮層にあるコラーゲンやエラスチンが減少することが原因でもあります。紫外線により細胞が破壊されると、コラーゲンやエラスチンを合成できなくなり、体内から減少してしまいます。その結果、頬のたるみにつながります。そうならないためにも、普段から紫外線対策はしっかりと行うことが大切となります。

肌に特別な栄養を補給することの出来る化粧品は、エイジングケアにとって非常に重要な位置を占めます。しかし年齢に合った商品を使うことはもっと重要な位置を占めるのです。
10代の頃から化粧品を使っていることは最近では珍しくありませんが、若い年齢で肌に合っていない化粧品を使っていると後に敏感肌になってしまう可能性もあるため注意が必要です。10代はまだ成長段階にあるため、肌が大人よりも薄い状態にあることは珍しくありません。

 

その時に香りの強いタイプや入れ物が可愛いから、といった見た目的な部分で化粧品を決めてしまうことは非常に危険なのです。肌が大人ほど強くない10代の人が香料や着色料などで肌荒れを起こしてしまうことは、よく聞く話です。そのため若い年齢であれば敏感肌用など肌に刺激の少ないタイプを使うことが重要です。
また20代や30代であれば、ヒアルロン酸やコラーゲンのように肌の水分保持をする化粧品を使うと良いでしょう。25~30歳では肌のコラーゲン量が急激に減少する年代でもあるため、水分保持する成分を肌の外から摂取することはとても大切になります。

 
40代以降でも同様に水分保持の成分を摂ることは大切ですが、化粧品の使い方としてライン使いがおすすめです。ライン使いとは化粧水や美容液、乳液等を順番に使うことを指しますが、最近ではオールインワンジェルといった1つで化粧品全ての役割を担う物に人気があります。しかし40代以降になると肌が固くなり、美容成分や保湿成分が思うように肌に浸透しない、ということがあります。そのためライン使いによって1つ1つ、丁寧に成分を肌に浸透させることは、40代以降のエイジングケアとして大切なことになります。化粧水で肌に水分を浸透させ肌の調子を整え、美容液で特別な栄養を肌に送り、乳液やクリームで肌に蓋をする、という流れで適切な栄養を送ることが出来るのです。

 
エイジングケアは1日で成り立つものではなく、長い時間をかけてゆっくりと行われます。そのため年齢にあった化粧品を使い、エイジングケアによって肌を守ってあげましょう。