キレイでヘルシーな生活

Just beauty

人の輪郭はいろいろありますが、その顔の形によって似合う髪型も様々です。髪型は顔のサイズの印象を決める1番大切な要素と言っても過言ではありません。女性はとくに髪型にこだわる人が多いものです。ショートカットにしてもロングヘアにしても前髪や毛量カラーリングなどで差がつけられますし、どんな顔の輪郭の方でも小顔に見える髪型が必ずあるのです。メイクやファッションだけでなく、髪型ひとつで小顔に見せられるなら嬉しいですよね。今回は、ベース型の女子が小顔に見える髪型とは何かを挙げていきましょう。

 
ベース型の女子が一番気になるのはやはり頬骨の下から顎にかけてのエラ部分ではないでしょうか。両サイドの輪郭をむき出しにするとすこし顔のサイズが強調されてしまいますので、小顔というイメージからは離れてしまう可能性があります。

 
そんなベース型女子がショートカットやボブヘアにする場合は、前下がりの形や前髪を作らないワンレンにすると良いでしょう。エラ部分を出しすぎず、ナチュラルに仕上げるとシャープな輪郭に見えて小顔効果があります。シャギーを軽く入れても素敵です。

 
またロングヘアのアレンジでも同じ考え方をします。小顔に見える髪型は気になる輪郭部分を隠せば良いので、ベース型の人の場合は、とにかくほお周りの髪をあげてしまわないことです。ポニーテールのようなアップヘアをする時も、前髪から両サイドの毛をすこし出しておいて、顔の周りに残しておきます。ハーフアップの時もすこし後れ毛をだして頬下から顎を隠すと小顔に見えます。視線を上にもっていくために高い位置のお団子ヘアもおすすめです。

 
毛先に明るい色を入れても効果的です。綺麗なストレートヘアもエラ部分を隠せますので小顔に見えますね。ナチュラルで清楚な印象を与えるため、仕事やデートにもぴったりです。
ベース型の女子だけでなく、どんな輪郭の人も女の子なら誰でも小顔に見える髪型は気になるものです。色々なヘアスタイルに挑戦して、自分にぴったりな髪型を見つけましょう。