キレイでヘルシーな生活

美しく健康な毎日のための情報サイト

エステサロンの痩身コースでは、ハンドマッサージによるもみほぐしの他に、マシンを使ったさまざまなダイエットメニューも用意されています。キャビテーションもそうしたダイエット法の1つで、超音波の力で皮下脂肪を減らすとともに、代謝アップやむくみの解消効果も期待できます。

キャビテーションとはもともと特定の物理現象を指す専門用語で、具体的には液体の中で圧力に変化が生じると短時間に大量の泡が生成されることをいいます。身近な例としては、ホースで水を流している時に何かの拍子でホースが折れ曲がり、水の通り道が狭くなるとシューッと音を立てて泡が発生する現象がこれに当たります。
エステにおけるキャビテーションは、この現象を皮下脂肪内で起こさせることによってダイエット効果をもたらします。マシンを使って肌の上から超音波を照射すると、その振動エネルギーによって皮下脂肪が乳化し、大量の気泡が生じます。そしてその気泡がはじける時に、脂肪細胞の細胞膜が破壊されます。血液中に溶け出した脂肪と脂肪細胞は、やがて老廃物となって体外へと自然に排出されていきます。

原理だけ聞くとキャビテーションは何か危険なもののように思われがちですが、照射される超音波は脂肪組織にのみ反応するよう周波数を調整されているので、その他の組織を傷つけることはありません。むしろ振動エネルギーが体液の流れを促進するため、代謝アップや冷え性・むくみの解消といった効果も期待できます。
また、キャビテーションは脂肪を溶解させるだけでなく、体内に脂肪を蓄え込む働きを持っている脂肪細胞をも破壊します。そのため、施術を受けた後は脂肪のつきにくい体質になることで、リバウンドしにくくなるという効果もあるとされています。一度できるとなかなか取り除きにくいと言われている、セルライトを減らすのにも役立ちます。効果には個人差がありますが、サロンでのアンケートを見ると5回から6回目あたりで効果を実感している人が多く見られます。

No Comments :(