キレイでヘルシーな生活

美しく健康な毎日のための情報サイト

しまりのないたるんだふくらはぎが、コンプレックスにしている方はいらっしゃらないでしょうか。引き締まった印象をいつまでも保ち続ける方もいれば、若い頃から深い悩みを抱えている日ともいるのが、ふくらはぎです。部分痩せを実践するのは難しく、ダイエットや食生活で改善を見るのは難しいのが現実といえます。このような悩みを解決してくれるのがキャビテーションです。

従来の送信方法のどれもが、脂肪細胞のサイズを以下に小さくするか、に焦点が置かれていました。個々の脂肪細胞がサイズダウンすれば全体のボリュームが小さくなるので一時的にはスリムにすることは可能です。しかるに数自体は変化がないので早晩、再び細胞が大きくなれば元のサイズにもどることになりリバウンドのリスクが高いことが問題視されていました。この点キャビテーションは脂肪細胞のサイズを小さくするだけでなく、脂肪をもとから取り除くのでリバウンドの心配もなく劇的な部分痩せを実感できるはずです。

このような現象が可能なのは、キャビテーションの独特のメカニズムに秘密があります。キャビテーションとは日本語にすると「空洞化現象」を意味します。キャビテーションは液体中に圧力の差異がしょうじることで発生する真空の気泡が発生するのを利用するというものです。マシンで発生させた特殊な超音波を、ふくらはぎなど脂肪が目に付く箇所に照射し脂肪細胞に刺激を与えることにより脂肪細胞をピンポイントで破壊していきます。超音波は非常に微細な音波の震動にすぎませんが、キャビテーションマシンを使用することで、脂肪細胞には天文学的な数値の震動が加わることで、盛んに震動します。

破壊された脂肪細胞は新陳代謝の過程で、血流にのり体外に排出されていくので体内で余分な脂肪が残り続けるリスクはありません。もちろん施術中はいたみはなく、わずかに暖かくなるのを感じおる程度です。理想のふくらはぎを実現したいならキャビテーションは第一の選択肢になります。

エステサロンの痩身コースでは、ハンドマッサージによるもみほぐしの他に、マシンを使ったさまざまなダイエットメニューも用意されています。キャビテーションもそうしたダイエット法の1つで、超音波の力で皮下脂肪を減らすとともに、代謝アップやむくみの解消効果も期待できます。

キャビテーションとはもともと特定の物理現象を指す専門用語で、具体的には液体の中で圧力に変化が生じると短時間に大量の泡が生成されることをいいます。身近な例としては、ホースで水を流している時に何かの拍子でホースが折れ曲がり、水の通り道が狭くなるとシューッと音を立てて泡が発生する現象がこれに当たります。
エステにおけるキャビテーションは、この現象を皮下脂肪内で起こさせることによってダイエット効果をもたらします。マシンを使って肌の上から超音波を照射すると、その振動エネルギーによって皮下脂肪が乳化し、大量の気泡が生じます。そしてその気泡がはじける時に、脂肪細胞の細胞膜が破壊されます。血液中に溶け出した脂肪と脂肪細胞は、やがて老廃物となって体外へと自然に排出されていきます。

原理だけ聞くとキャビテーションは何か危険なもののように思われがちですが、照射される超音波は脂肪組織にのみ反応するよう周波数を調整されているので、その他の組織を傷つけることはありません。むしろ振動エネルギーが体液の流れを促進するため、代謝アップや冷え性・むくみの解消といった効果も期待できます。
また、キャビテーションは脂肪を溶解させるだけでなく、体内に脂肪を蓄え込む働きを持っている脂肪細胞をも破壊します。そのため、施術を受けた後は脂肪のつきにくい体質になることで、リバウンドしにくくなるという効果もあるとされています。一度できるとなかなか取り除きにくいと言われている、セルライトを減らすのにも役立ちます。効果には個人差がありますが、サロンでのアンケートを見ると5回から6回目あたりで効果を実感している人が多く見られます。

細く引き締まったキレイなラインの美脚は女性にとって永遠の憧れであり、美脚に導くためのダイエットやスキンケアは女性にとって永遠のテーマです。美脚の大敵となるものと言えばセルライトです。

セルライトは水分や老廃物や毒素が複雑に混ざり合って出来た脂肪の塊で、凝り固まって定着するという特徴があります。一度定着してしまうとなかなか落ちませんので、予防対策を講じて出来ないようにするための努力が必要です。体が冷えたり骨盤が歪んだり運動不足で筋肉量が減ったり加齢で代謝が低下したりしてむくみが生じ、そのむくみが慢性化して悪化することが原因でセルライトが出来てしまいます。

お尻や太ももの外側に出来やすく、凸凹していてとにかく見た目が悪いです。出来てしまったセルライトを効率良く確実に無くしたいなら、痩身エステでキャビテーションとエンダモロジーの施術を受けて撃退するという方法がおすすめです。セルフケアでは対処が難しいですので、プロにお任せするのがベストです。

キャビテーションとエンダモロジーは痩身エステにおいては定番の施術メニューで、脂肪細胞を壊して溶かして体の外へ排出させるというアプローチです。部分痩せが可能なキャビテーションと体質改善効果が期待できるエンダモロジーを組み合わせることで、相互作用により相乗効果が得られます。

即効性が得られるのがキャビテーションで、太りにくくて痩せやすくてむくみが生じにくい体質に導いてくれるのがエンダモロジーです。ラジオ波やEMSの施術をプラスすれば、さらなる美脚効果を狙えます。
EMSは電気刺激で筋肉にアプローチするもので、筋肉量が増えて血行が促進されます。

ラジオ波はフェイシャルエステでもお馴染みの施術で、コラーゲンの生成をサポートしてなめらかな美肌を作ります。セルライトが出来ると皮膚の表面が凸凹になってしまいますが、ラジオ波で働きかけることで皮膚のなめらかさや柔らかさがアップしてキレイなボディラインになれます。

キャビテーションの英語の意味は、空洞現象などの意味を持ちます。この空洞現象は、圧力を液体にかけることで現れる気泡の発生・消滅を指しており地面の陥没などが起きるのもこうしたメカニズムが働いている場合があります。この空洞現象は、美容業界でも用いられており気泡が弾けて消滅した際に生じる衝撃を利用して脂肪に働きかけ、痩せやすくするのがキャビテーションダイエットと呼ばれるものです。お腹周りが膨らんだ時に脂肪をなくしたい場合には、キャビテーションマシンを使うことで解消できる可能性が高まります。

より具体的にキャビテーションを説明すると、まず専用のマシンを利用した場合に身体の外から特殊な周波数を与えることで脂肪細胞にだけアプローチします。そうすると、脂肪は老廃物としてリンパ・血液を通じ体外に排出されていきお腹周りをすっきりできるという仕組みです。

キャビテーションを利用した効果はいろいろありますが、血液の流れやリンパの循環を良くすることができ細胞のターンオーバーをサポートしたりあるいはむくみを解消する働きもあります。お腹周りのダイエットにとても効果的なほかにも身体のさまざまな不調を解消させる働きがあることから、女性を中心に人気の施術です。お腹周りの脂肪が多くついている人ほど効き目があるといわれていますので、体型が気になる方には適しています。

キャビテーションは単体でも効果はありますが、より作用を良くするためには身体を施術前に温めておくと良いです。例えば、温泉に浸かってリラックスして過ごしたりゲルマニウム温浴などを活用してから、キャビテーションを受けることでより調子を改善できます。

施術後のポイントとしては、たっぷり水分を補給しましょう。そして、家へと帰る帰りに歩く距離を少し伸ばしてウォーキングをするとより効果を実感できるためおすすめです。ウォーキングだけではなく、体操など軽い有酸素運動をとりいれると良いといわれています。

痩身エステで人気のキャビテーションは、脂肪細胞に超音波を当てることで破壊する施術です。より詳しく説明すれば、超音波を照射すると、そこでは1秒間に数十万回という振動が起きます。その振動によって圧力がかかる部分とかからない部分が生まれると空洞現象が起きます。空洞現象というのは圧力がかかると気泡が生まれては消える現象のことで、気泡が壊れるときには脂肪に衝撃が加わります。これにより脂肪細胞が破壊されます。脂肪細胞が破壊されると、その成分は血液やリンパ液の中にはいり、体外に排出されます。余計な脂肪がすっきりと取れれば、理想的なプロポーションに近づきます。

振動で痩せるということではemsを連想する人もいるでしょうが、emsの仕組みはキャビテーションとは異なります。emsで用いられるのは超音波ではなく電気刺激です。そもそも、人間の体というのは基本的には脳が命令を出して動かしています。その時に出される命令をまねた電気刺激を外部から与えてやれば、強制的に筋肉を動かすことができます。多と座ったり寝ていたりしていても、電子刺激で筋肉を動かしていれば運動をしているのと同じような効果が生まれます。それによって余計な脂肪が燃焼されますし、筋肉の増強により基礎代謝が高まり痩せやすい体になります。さらに血流も良くなりますから、水分や老廃物の排出も促されます。そういったことで簡単に体を引き締められます。

このように仕組みを見ていけば、キャビテーションとemsが異なることは明らかです。では、痩せたいというときには、どちらをやるべきかということですが、理想を言えば同時にやるべきです。キャビテーションを行えば、その時は痩せられますが同じような生活を続けていると、また太ってきます。そのたびにキャビテーションを受けるのは、手間ですし費用も掛かります。そこでemsも同時に行っていれば筋肉量を増えてリバウンドをしにくくなりますし、キャビテーションでは落ちなかった脂肪を落とせて相乗効果が生まれます。